シュトルム・パンツァー ストーリーブック14巻

3,000 
必要ポイント数: 3000 point
BOOK-STURM-STORYBOOK14
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

説明

・A5版 56ページ(無線綴じ冊子)

・著 G&K、表紙&挿絵イラスト 亜美寿真

2018年に完結したシュトルム・パンツァーストーリーブックシリーズの最終巻で、

セットになるヨーヨーが生産終了となったため、在庫限りの単品販売。

巻末特集「オールアバウトヨーヨージャム」でヨーヨージャム社が2004年から2006年までに発売したヨーヨーを解説。

ストーリーブック14巻のあらすじ


<完結編最終話>

 2015年ヨーヨーフィスト年間リーグ決勝戦は、1勝1敗1分け。

リボルバイブル対シュトルム・パンツァーの戦いは延長第4試合に突入。

鴉朱佳&凱龍閃は豪機&エクリプスオーガから受けたダメージを、

四聖獣の力で全快させた上、さらに戦闘力が増しているはずだ。

だが豪機には、京獅郎&レオスナイパーMK-Ⅱが勝つための秘策がある。

豪機が霞美を病室に引き留めている隙に、京獅郎は霞美の自宅へ向かう。


「グラビティカノン、発射準備!」

「蒼井京獅郎、装填」

「ターゲット、ロック!」

「撃てぇ―――――っ!!」


京獅郎と鴉朱佳の決着は、最後の戦いは、

地球から6万光年の彼方で繰り広げられる!


 同年12月。霞美と豪機は身の危険を感じ海外移住を計画していた。

フロリダの町工場で量産された新システム搭載機「NM9」のテストも兼ね、

軍需産業マーシャルインダストリ本社のあるフロリダへ旅立とうとする。

しかしまたしてもYukikoに盗聴され、計画は察知されていた……!?


シュトルム・パンツァーストーリーブック 第二部〔完〕


巻末カラー特集「オールアバウト YoYoJam 2004-2006」。

伝説のヨーヨーメーカー・ヨーヨージャム社のラインナップのうち、

2004年から2006年までに発売された全25機種+αを、

オールカラーで解説する永久保存版第3弾!マンガイラスト 六条公園、亜美寿真