スピンギア高円寺店プレオープン初日レポート #ヨーヨー #高円寺ルック商店街

ついにオープンしました!高円寺店の初日の様子をSNSのまとめを中心にレポートさせていただきます

 

高円寺に出店した動機の一つが、ターニングポイントとサムシングのオーナーが徒歩でスピンギアに来ていただけるというところにあります。先日のブログで告知させていただいたとおり、開店に合わせてスペシャルな先行販売をさせていただいています。ターニングポイントの木村氏は前日、昨日、そして本日日曜日に追加納品と毎日通ってくださっています。ありがたい。メーカーとユーザーの皆さんの距離を近づけていく役割としてショップが役に立てば幸いです。

シュンが復帰いたしました。住まいも、高円寺に引っ越してきて、街のおもちゃやとして根付いていく覚悟でスピンギア高円寺店を盛り上げていきます。皆様のサポート、よろしくお願いいたします

開店前から列を作っていただき、商店街に新しいお店ができた、ということを地元の方にも知っていただきました。

Mavetrikストアのオーナー、松浦くんも遊びに来てサインや写真撮影、ミニデモンストレーションをしてくれました。これからもターニングポイントの打ち合わせを高円寺でした前後は立ち寄ってくれることがありそうです。

天候が不安で商品が完全に揃った状態ではないプレオープンでしたが多くの方に来ていただき、スタッフ一同、ホッとするとともに皆様の期待を感じ、力になりました。差し入れをしていただいた方たちもありがとうございます。開店準備の疲れも飛びました。

常連の皆様に加え、高円寺の地元の家族連れ、元ハイパーヨーヨー世代の方など新しいお客様にも恵まれ、この地でやっていくことに希望を感じています。

日曜日のプレオープンを経て、レイアウトを再考し、23日に正式オープンしていきたいと思います。オープン後も街と皆様のニーズに合わせてフレキシブルに店舗を作り込んで秋葉原の10年分の使い勝手の良さに近づけていければと考えています。

18日~22日の平日は営業をしていませんのでご注意ください。

ご都合が付けば本日18時まで営業をしていますので遊びに来てください!

TAKA

2021年10月17日10:15

Posted by TAKA

10/11-17の週 ヨーヨーフライデー スピンギア高円寺店プレオープン記念拡大版 #ヨーヨー

いよいよ明日プレオープンさせていただきます。

10月16日14時〜19時
17日14時〜18時

18日〜22日 作業のため休業
23日グランドオープン13時〜19時(一時的に)

オープン以降は平日は14時〜19時営業、土日祝は13時〜19時、火曜日定休日を暫定スケジュールにて運用予定です。コロナ関連の対応と商店街の人の流れを見てフレキシブルに変更していく予定ですのでSNSでの発信も合わせてご確認ください。

場所

先週のブログも参考にしてみてください!商店街を歩いてくればすぐに見つかります。


高円寺に本拠を置く、2大ヨーヨーブランドから高円寺店開店のスペシャルサポートを頂きました!今後も各社と連携をして高円寺店ならではの企画をしていければと思います!

スピーダーのブラック/シルバーリム、キルショットのマットブラック/シルバーリム先行販売!

スピーダーは12月が正式な発売予定日だそうで、高円寺店のみの超先行販売となります。

高円寺育ちで会社も高円寺にあるターニングポイントの木村氏より空前絶後のレベルの賞品提供がありました。詳細はのちほど公開しますがチタンモデルやマグネシウム(Radix未発売カラー!)、クッロームメッキのルミノーグを含むヨーヨーを17個も賞品提供いただきました!こちらの当たる企画となっています。かなりの高確率で当選となります。またスピンギアの割引クーポンも追加予定なので通常のくじ引きではない当選確率となります。また2回抽選となっていますので1回目の抽選に間に合うように参加していたければさらに確率が上がります。

通常商品に加えて店舗限定の商品も沢山入荷しました。歩いて7分の距離だそうでオープンの日も遊びに来てくれるかもしれません。また追加でネットには並ばない店頭のみの貴重な商品も出てくる可能性がありますのでご期待ください!

入荷商品 それぞれ少量入荷となっています。

セントエルモ ストーンパターン(mavetrick.stores限定)
セントエルモ セラミックトーン(mavetrick.stores限定)
セントエルモ White焼付け塗装
Absinthe Grade5
Absinthe Grade5Green
Mustang Blue Black
Mustang Super Lough Blast
プラスティックSSリムプロト(クリア)
プラスティックSSリムプロト(ブラック)
Radix(マグネシウムの新作)

高円寺店でのスピンギアプレイヤーズカードの取扱について

日頃からスピンギアをご愛顧いただきありがとうございます。店舗移転に伴い、プレイヤーズカードの特典を一度停止し、クーポン、ポイントシステムの再構築をさせていただきたいと考えております。

従来行ってきました5%の一律割引及び雨の日割り(こちらはすでに廃止済み)を明日のプレオープンから廃止とさせていただきます。

現在システムの模索をしており近日中に会員システムの新しいカタチを発表できればと思います。オープンに間に合わない形での変更、以降となり大変申し訳ございません。移行期間中はお供セットストリング、ベアリングの対応は継続させていただきます。よろしくお願いします。



明日はTAKA&ひっしーと新店長の3名体制で皆様のお越しをお待ちしております!

それではYoい週末をお過ごしください!

TAKA

2021年10月15日18:11

Posted by TAKA

ヨーヨーショップスピンギアの変遷

中野ブロードウェイから始まったヨーヨー実店舗の挑戦。実は当時アメリカにもヨーヨー専門の実店舗というものは存在しておらず、世界的に見てもジャグリングを除くスキルトイ専門で長期に渡り運営している実店舗は殆どありません。皆様のおかげで続けることができました。

高円寺への移転にあたり、過去のアーカイブを整理して少し振り返ることができればと思います。


 

中野ブロードウェイ店 2006年6月1日〜2011年10月

中野ブロードウェイの4階、1坪弱のスペースでスタートし、2回引っ越しました。その度に店舗スペースが大きくなっていきました。

世界一狭い実店舗でのダンカンクルー、侍ツアー敢行は一つの歴史を作れたと思います

Version 2 開店して半年後の2006年12月には引っ越しをしてました。いまでも玩具店として店舗は使われています。

SGメンバー

Version3 中野最終形態。店舗スペースが広くなり、”店内でヨーヨーを振る”という概念が生まれました。とはいえ廊下にあふれて子どもたちがヨーヨーを振るのは中野ブロードウェイの風物詩にもなっていました(施設とは交渉をしてうまくやってました)

おはスタのドラマの撮影が店舗でも行われ、急遽トップスピナーの撮影会になっていました。世界チャンピオンやトップスピナーが普通に働いている店でした。

中野最終形態のスペースは色はそのままで倉庫として使われているようです。中野に遊びに行ったプレイヤーの皆さんが跡地を訪れ写真をSNSへ投稿していただくことが多いです。

2021年の様子


AKIBA店は2021年10月3日を持ちまして閉店いたしました。10年間に渡るご愛顧、誠にありがとうございました。


【 所 在 地 】 千代田区外神田1-7-6 AKIBAカルチャーズZONE 3F-D
【 電話⁄FAX 】 03 – 6206 – 4200
【 営業時間 】 2021年10月3日閉店

いままでありそうでなかったヨーヨー・けん玉・独楽専門のショップが秋葉原のAKIBAカルチャーズZONEにオープン! ヨーヨーマスターTAKAがプロデュースするオンラインストア“スピンギア”が実店舗として展開をしています。
今までは写真でしか見ることができなかったヨーヨー”実物”をご覧いただき、試し振りもすることができるようになりました。

・従業員は全員ヨーヨーのエキスパート!
わからないことをその場で質問しながらのお買い物が出来るため、ヨーヨーはまったく初めてという方でも安心です。
昔ヨーヨーにハマった経験のある方も、よりヨーヨーの世界が広がるかも! ヨーヨーに興味のあるお客様、ぜひご来店下さい。
<全くの初めての方へ>
スピンギアはヨーヨーを中心としたスキルトイを皆さんに広めるために活動をしているお店です。初めての人は大歓迎なので緊張せずにいろいろ聞いてみてください。
スタッフに余裕があるときは技を習うこともできるので、お買い上げと同時にぜひ1技ならって帰っていただければと思います。

<復帰組の方へ>
最近、昔ハイパーヨーヨーにはまっていたけれど最新の動画を見てまたやりたくなった! という方が増えています。
基本ができている人には”競技用の入門機種”をご紹介しています。また、今のレベルにあった練習方法や、おすすめ機種、メンテナンスなども紹介していますので気軽にお尋ねください!

<エキスパートの方へ>
300種類以上のサンプルがあります。ほぼすべての最新機種の試し振りができます。
数がありすぎてどれを選べばいいかわからない場合、いまの使用機種や好みを伝えていただいて、それに見合ったおすすめ機種をご紹介させていただきます。


大きな地図で見る


本社内にて店舗を展開予定でしたが無期延期となっています。(2020年10月〜)

近所にお住まいの方で商品の受け取りを希望の方は電話にてご連絡ください。

スピンギア 西八王子店 西八王子店ツイッター

【 所 在 地 】 東京都八王子市千人町1−9−7

場所が西八王子とやや遠方にありますが、来ていただいた方皆様に満足していただけるAKIBA店とはまた違った味付けでヨーヨー虎の穴的な場所として運営していきたいと考えています。どうぞよろしくお願いします!!
・AKIBA店よりもさらに広い店舗スーペースを生かし、店内でヨーヨーを練習していただだくことができます!
いろいろなトリックを習うことができるのが特徴の店舗です。
店内の人数によりますが、現段階ではプレイスタイルを制限せず練習をOKとしています。
ヨーヨー、けん玉、こまなどの基礎的なティーチングが常時可能です。

・ヨーヨー認定会、けん玉検定、こま段位認定やスピンギアが独自に設定したトリック認定制度にチャレンジができます。

営業日であれば原則いつでも受付していますし、認定リストにない技も教えることができます。
技をやりたいけど何をしたらわからない、教えてもらう人がなかなか近くにいないという方はぜひ積極的に相談をしてもらえればと思います。


西八王子店店長 菱田将信(ひっしー
1980年4月16日生
2007~2009年世界大会スポーツラダー部門で総合優勝。2006年6月より中野ブロードウェイに日本初のヨーヨー専門店実店舗をオープンさせ、現在は西八王子店ほかAKIBA店運営担当として活動。 前ロングスリープ世界記録保持者。(記録:21分15.17秒2009/8/30現在)
けん玉準初段、日本けん玉協会普及員、日本独楽回し協会6段ビギナー向けのティーチングが得意です。
ヨーヨー、けんだま、こま、キューブなど総合的に対応できますのでご質問等ありましたら、メールや店舗まで気軽にお問い合わせください。

 

TAKA

2021年10月13日11:05

Posted by TAKA

10/4-10の週ヨーヨーフライデー 新店舗、高円寺店詳細公開

10月3日をもちまして閉店させていただきました!誠にありがとうございました。閉店セール中は多くの方に度々ご来店いただき、お買い物を楽しんでいただけました。また緊急事態宣言明けの週末で、移転先が決まった中での閉店セールということで明るい雰囲気で締めくくれたのも良かったです。

閉店までの様子(ツイッターまとめ)


鋭意移転作業中!まだ開店していませんのでご注意ください!

13ある高円寺の商店街の一つ、ルック商店街の中に新しい店舗はあります。中央線(総武線)高円寺駅から7分、丸ノ内線新高円寺駅から3分とどちらから来ても歩きやすい距離となっています。

丸ノ内線 新高円寺駅から来る場合

新高円寺駅から来る場合はマクドナルドとみずほ銀行の間の通りがルック商店街となっています。

高円寺駅から来る場合

高円寺南口で降りるとロータリーがあり車の通る大きな道がありますがそちらではなく、アーケードのある商店街、パル商店街を目指してください。

パル商店街を真っ直ぐ歩くとアーケードが途切れてルック商店街となります。昔ながらの商店に混ざって、古着屋や雑貨店、おしゃれなカフェなどが立ち並ぶ商店街です。

まいばすけっとの隣がスピンギアです。斜め前にはタピオカやさんがあったりスタンディングバーや飲み屋、カフェも数件先にあって、スピンギアで買い物をしてカフェで休んだり、飲み屋でちょっと飲んでまた店舗に戻るというルーティンが簡単にできてしまう新しい楽しみ方ができそうな店舗です。

高円寺店には14日に荷物を運び込み、16日にプレオープンが出来るように調整をしています。プレオープンの日程に関しては最終的な確定は直前の告知になってしまうかもしれません。23日には正式なオープンをして、月末の高円寺4大祭りの一つ、高円寺フェスのときには高円寺の商店街の店舗として参加していきたいと考えています(間に合えば)。

閉店セールでやり尽くしたのでものすごいセールという企画はできませんが、高円寺に所在地を置くターニングポイントの全面協力の下、未発売機種の先行販売や店舗に来るとなにか良いことがあるかもしれません。追って詳しく説明しますが高円寺に出店した理由の一つ、ヨーヨーに縁があるというのは高円寺がターニングポイントのファウンダー、木村氏が生まれ育った場所で、会社としても高円寺あると言うところにあります。近所にあるからこそのスピード感で今までにないスピンギアのお買い物体験をしていただければと思います。

高円寺店の詳細はこちら!




それでは皆様Yoい週末をお過ごしください!

TAKA

2021年10月8日17:44

Posted by TAKA

9/27-10/3の週のスピンギア #ヨーヨー フライデー

移転先ついに決定!
本日契約を完了してきました。10月末〜11月初週のオープンの方向で調整をしています。まずはアキバの閉店セールと引っ越し!引越し先詳細は別記事で紹介します。

今週末も引き続きセールを行います。プラ系、ジャンク系大量追加です。ヨーヨージャムのリクエストも頂いており目玉的なものはないのですがプレリュードのデッドストックがサラッと並べられる予定だったり掘り出し物はあるかもしれません。

先週末に発売したミラージュスピンギアAKIBA店メモリアルモデル、若干数ですが残っております。10月3日まで在庫があった場合、残りをオンラインにて販売させていただきます。

水曜日から発売。スピンガジェットAKIBA店メモリアルモデル

そして今週末からsOMEThING よりアングルが登場!

スピーダーが発売。前のモデルと比べてどうとか、ここが進化した、とかではなくスピーダーはスピーダーなんだと思います。


 


今週でアキバ店が閉店してしばらくお店が無くなります。ただ移転先は決まっているし、コロナで休業していた期間よりも実は短いと気が付きました。

それでは皆様Yoい週末を!

 

 

TAKA

2021年10月1日17:44

Posted by TAKA

ヨーヨーショップスピンギア移転先についてのお知らせ #ヨーヨー #AKIBA #アキバ #拡散希望

先週末も多くのお客様にご来店いただきました。誠にありがとうございます。

土曜日はだっちゃんが通しで、オープン補助にひっしーが、日曜日はみぃむんが通しで、私が開店からしばらくの間店頭に立たせていただき、多くの方に暖かい言葉をかけていただきました。

先日の閉店のお知らせの発表の時点では移転先も決まらず、一度充電期間を置くほうが良いのかな、という気持ちでした。ただ9月に入り閉店セールを始めた処、多くの方にご来店いただき、コロナ禍でも店舗としてまだ出来ることはたくさんあるし、皆さんの期待にも答えるべく、この流れは切らしたくない、という気持ちが高まってきました。

この半年間、移転先の不動産屋にも通い、こちらの要望を伝えて、それが実現できる形で理想的な物件がないかを模索してきましたがなかなか条件にあった物件が見つかりませんでした。

そんな中、先週内見に行った物件がこちらの求めていた条件をすべて満たしていたのではないのですが、直感でピンときたので、その場で即決で申し込みをしてきました。久しぶりに勢いで物事を決めてきました。

この店舗で10年勝負する、と言う物件ではないですが、先行きが見えない状況でも、AKIBAから移転して、店舗として引き継いで営業をして状況が良くなったらまた次の場所へ行くための力を蓄える場所、として良い、と考えています。中野のときもお試しで四畳半ほどのスペースから始まり、皆様のおかげて、2回の移転を経てその度に大きくなりました。その後秋葉原に移転しています。

この場所でも町の人達に、まずヨーヨー屋さんが存在すると知っていただきそこから店舗規模を拡大しながら、業態の変化も含みつつ、駅に近づいていければと思っています。ポテンシャルのある街のポテンシャルのある物件だと思っています。

また人通りの多い商店街に面した路面店(1階のお店)で、今までの専門店だから入りにくいというハードルを大きく下げられる、道をふらりと歩いていたら窓から中が覗ける、”街のおもちゃ屋”になりえる立地と店舗規模(大きさは秋葉原の今の店舗とほぼ同じ)でした。超速スピナーにでてきた、なるみやや、お世話になっていた今は亡き石神井の大成堂の1階を思わせる理想の店舗作りができそうです。

さらに使い方不明ですが、収納と呼ぶには大きい謎の地下室(10畳以上?)があります。おもちゃやに謎の地下があるというのは漫画的な夢のあるスペースだし、スピンギアらしい何かができそう、というワクワクもあります。

先週の申込みですでに審査が通っていて、10月1日に契約をしてきます。ほぼ移転先が見つかったという状況で間違いないのですが契約が終わるまでは確実なことが言えません。とはいえこのまま閉店セールを締めくくり、10月末に移転先が見つかりました、というのも皆様に対して嘘をついているような気分にもなりまた悲しい気持ちでAKIBA店舗を終えるのではなくてギリギリだけど移転先見つかってよかった!と希望がある状態で閉店セールを迎えたいと思っています。

学校で引っ越すといったら大騒ぎになって、送別会やお別れのプレゼントを貰ってしまったものの、実は町内の引っ越しで学校は変わらなくてよかったのだけど実は、とクラスメイトに切り出しにくい、そんなちびまる子ちゃんにありそうなエピソードの気持ちで先週末は皆さんと話していました。

もう一度10月1日の時点で契約が完了したら最終報告として場所の詳細をお知らせしていく予定です。ヨーヨー的にも新聖地としてふさわしいロケーションだと考えています。なぜこの場所を選んだのかについては契約が決まって移転が確定したらじっくりお伝えしていきたいと思います。中野で5年、秋葉原で10年培ったものをこの新しい場所で今までにない展開を含めてやっていきたいと思います。

新しい場所のヒント

中野でも秋葉原でもありません。古着屋さんが多く、サブカルチャーの街としても注目されている場所。東京23区内。ヨーヨー的にも縁がある場所。年に何回も大きなお祭りがあって一番大きなものは地域外から100万人を超える観客が来る場所。商店街が10個以上あって街としても栄えてる場所。

これらの全ての要素も移転先を決めた理由になっています。

今週末も店舗にて皆様のお越しをお待ちしております。秋葉原店に思い入れはあり寂しい気持ちはありますが、一区切りをつけて次の新しい場所へ移転できる喜びを皆様と分かち合えればと思います。また閉店セールですが移転先が決まっているからと行って手を抜きません。むしろ閉店セールからの移転先決定記念セールの勢いでかましていければと思います。

店舗ほどはすごいことにならないのですが今日の0時から恒例のそろはむ創業祭も始まります。オンラインでも閉店〜移転先決定記念のセールの雰囲気を味わっていただければと思います。

TAKA

2021年9月27日18:30

Posted by TAKA

植前選手が語る動画で見る自身の5Aスタイルの変遷

のっぽです。いよいよ今晩、私のシグネチャーモデルが発売されます。自身のスタイルの変遷と今回のシグネチャーモデルにたどり着いた経緯を振り返ってみたいと思います。

トールを使い始めたころ(2015年世界大会ごろ)はエレクトリックファンをベースにした「右手でダイスを操り、左手でヨーヨーをコントロールする」といった感じの技を大会で多用していました。

そのため糸のセッティングは他の選手と比べても、長めだったと思います。(糸が短いと右手と左手の間の距離が短くなってしまい、糸が干渉しやすくなってしまうため)

しかし、2017年から19年にかけてビースティング系やロック系(ストリングを巻きつける)の技が増えてきたことで、糸の長さはグングン短くなっていきました。

具体的に数値で言うと2015-2017年前半あたりは110cmぐらいだったのに対し、去年のSJのころには91-2cmくらいになってました。

糸が短くなったことで、ダイスの動きを切り替えるスピードがあがったり、片手でヨーヨーとダイスを操る技(プロペラやビースティング、チョップスティックコンボ)などがよりスムーズにできるようになりました。

 

・現在のセッティングについて

ストリング:Anonymous Strings Regular Fat(green) 88-89cm

パッド:JOKER pad(slim/60) or HKMT Equipment Grip-C or PoryKon Pad (glay)

ベアリング:YYE 10 ball bearing or NSK DS Bearing

また、どんどんビハインドのトリックが増えていったなって思います。5Aを始めて割と最初の頃からビハインドプロペラやビハインドのトラピーズスイッチをフリースタイルに取り入れていたのですが、2016年にビハインドのホリゾンタルから入るホリゾンタルコンボを作ったのを皮切りに、ビハインドとノーマル(普通に身体の正面にヨーヨーがある状態)をいったり来たりする技が増えていきました。

・大会に出始めて1年後くらいのフリー
1分11秒あたり:ビハインドプロペラ
3分11秒から:ビハインドのトラピーズスイッチ

・2016年全国大会で決めたビハインドホリゾンタルコンボ(2分53秒から)

・その後開発したビハインドトリック

https://www.instagram.com/p/BH2B6dJDbDV/

https://www.instagram.com/p/B-j7oQ7BcRG/

今になって思うと僕のビハインドトリックを多用するようになったのはイシダヒデオ選手の影響が大きい気がします。

こういった死角でヨーヨーをマウントさせる技にはボディの幅が広いOdinだとやりやすいです。

 

・フリースタイルを作る上で意識していること

昔からずっと意識しているのは「高い完成度の演技が披露できるようにすること」と「自分が気持ちを込められる好きな曲を使って構成を作ること」ですね。

・自分の中で過去1決まったと思うフリースタイル

時々、流行ってるJ-POPを使ったりするのですが、もともとイシカワソラ選手やキドシンヤ選手、オギリョウタ選手などのボカロ曲を使ってた演技に憧れていたこともあり、ボカロ曲を使わせていただくことが多いです。

2015年の10月に製品版のトールを使用されてから、2017年の全国大会までの1年半の間“ずっと同じ個体”をメインで使ってきました。

1種類の機種を1年以上使い続けてる5Aプレーヤーは多いと思うんですが、“1個体を5Aで1年以上メインで使い続けてる人”ってなかなかいないんじゃないのかなって思います。しかも2016年は自分の中で結構たくさん大会に出たなって思う年なので、本当に“頑丈さにこだわった機種”だったからここまで使い続けられたんじゃないかなと思いました。

・そしてついにトールの限界が、、、

トールできつくなってきた感じがするフリーは2018年の新潟ヨーヨーコンテストのX部門ですね。

前半1分半あたりまでほぼノーミスだったのですが、後半のホリゾンタルコンボのパートに入った瞬間にミスの連発でした。特に交換した後のビハインドのホリゾンタルコンボの途中の乗せミス(2:59秒あたり)は幅の広いオーディンを使ってたら決まってたかもしれません。。。

しかも、この年の世界大会でオーナーに会った時にレインフライⅢを支給してもらったのですが、世界大会開催中なのに「トールよりこっち(レインフライ)の方が回転力高いかもしれない」と思ってしまったこともありました。

https://www.instagram.com/p/BmaQBaWnntb/

そのことからってわけではないですが、新潟ヨーヨーコンテストの1A部門ではトールではなくレインフライで参加しました。

・最後に

トールで戦い続け、ようやくのアップデートをしての新機種です。

Odinも機種としてはもちろん、1つ1つの個体と大事に長く付き合える相棒になればと思っています。

Odinの販売ページはこちら

TAKA

2021年9月24日18:44

Posted by TAKA

ヨーヨーエンパイア 第10波到来!

今週のヨーヨーフライデーはヨーヨーエンパイアが乗っ取った!今週の新入荷はすべてYYE製品で埋め尽くされておる。
ヨーヨーエンパイアから久しぶりに完全新作のリリースとなった。

まさに

第10波到来!

をつよく感じることができるラインナップ達だ!おっと、嬉しさのあまり巨大化しすぎてしまった。
OEMメーカーでもあるヨーヨーエンパイアとして最新の技術がふんだんに盛り込まれており
メーカーのプライドをかけた技術見本としてのヨーヨーがとても多い。今後のOEM生産にも生かされていくことだろう。

まずは先日情報を公開したOdinとTHOReSTのPVだ!開発秘話はこちらから読んでくれ。

注目の25日0時販売開始のウエマエ選手シグネイチャーモデルの2機種から紹介して行こう!

2015年のトールで戦い続けたのっぽだったが、生産の終了による弾切れと、技の進化により一部の技に対応しきれなくなった。
年々高難度化、戦いの激しさが増す最前線で戦い続けるために新機種を欲するのは当然といえる流れだ。
詳しくは前日の開発秘話を読んでほしいがトールの堅牢性を引き継いで、ワイド化、リムも強度を維持しやすいインナー装着タイプだが、できるだけ外周へ設置する外装タイプへ変更を行った。
元々はステンレス製を希望していたのっぽだったが、やはり戦い続ける為には性能に妥協を許してはいけない。5Aは上級者でも練習中はかなりヨーヨーを落とす。しかもヨーヨーが苦手とする斜めや側面からの落下も珍しくない。
5A部門でのっぽが最前線で戦い続けられるヨーヨーとして今求められている物はすべて詰め込んだ完成度の高いヨーヨーになっている。
1A用としてもオススメしたいモデルだ!
元々はフルステンレスでシグネイチャー作成が進んでいたことで最終的にもう1機種同時発売となった。
コンペティブなオーディンにくらべてトーレストは外観に前作のトールの面影を残すモデルだ。
金属の密度差からどうしても重量が重くなってしまう傾向があるが、実用度、強度のバランスを取った設計が見事といえる。
ステンレスは素材好きの皆ならわかってくれると思うが、質感や手触りが良く物としての満足感が非常に高い。
いちファンとして、こんな手間のかかる機種をリリースしてくれてエンパイアにありがとうと言いたい。
エンパイアオリジナルラインナップとしては初めてのチタンモデルの登場
レインフライに近い形状をしているが側面を見るとチタンとの比重差を考慮した最適化が施されている。
重量もフィーリングもやや軽めだが、エンパイアらしいしっかりとした回転力を感じることができる。
スピンギア関係者も比較的若いプレイヤーからの評判が非常によかったのでガチ使い用としてもかなりイイのではないかと思っている。


ファイヤースピリット / FIRE SPIRIT
こちらはポリカ削り出しにチタンリムという非常に贅沢なモデルになっている。
使用したSGスタッフからは昔のヨーヨージャムのモデルを近代化したような感じと人気だ。
重量はやや重めで上記のレインフライやTiMEなどと較べると重量感のあるフィーリングだ。

レインフライ比較で幅が1mmほど広く手にも持ってみると思ったよりも大型に感じる。
ひっしーはヨーヨージャム直撃世代なのでかなりこのモデルが好きだ。
ピンと来た人はぜひ遊んでみてほしい
ボレアス3 プロ / Boreas Pro III
今回最後の1A向け機種はプラスティック+インナーリム機種として完成系となった。
もともと金属ヨーヨーに対抗する低価格モデルとしての位置づけであったが本体が削り出しになったことで
剛性、精度、製造コストも増大し非常に贅沢なモデルといえるだろう。
持った感じはプラスティッキーではあるが回転力はメタルにひけを取らない。
プラスティックヨーヨー好きにはたまらないモデルではないだろうか。
ルナーロードもラークもPC削り出しで、POM削り出しのカラーバリエーションに比べると新鮮味があって楽しいです。
ルナーロードはガッチリ回って直径も程よく万能選手、ラークはスピード感あるプレイに対応した直径の小さい幅の広い最近のトレンド機種。

今週のNoaのヨーヨーちゃんねるはこちら!

それでは皆さんYoい週末を!

TAKA

17:44

Posted by TAKA

【開発秘話】9/25 0時販売開始! ヨーヨーエンパイアより植前選手の新シグネチャーモデルが2機種登場!

ヨーヨーエンパイアよりのっぽこと、植前選手のシグネチャーモデルが登場するぞ!スピンギアが図面作成に関わり本人の要望を取り入れた形での登場だ。
いままでも、スピンギアが日本のヨーヨーエンパイア正規代理店として、チーム加入、前作のシグネチャーモデルトール開発と様々なやりとりをしてきたが、今回のProjectはそれらの集大成といえるだろう。

THOR発売時のブログ

さあのっぽよ!
今回のシグネチャーモデルの開発ストーリーや強みを存分にアピールしてほしい!


最初に今回のシグネチャーモデル開発についてエンパイアに相談したのは2019年の年末ごろでした。
それまで自分のシグネチャーモデル一作目の“Thor(トール)”を2015年の世界大会から使用してきたのですが、2019年の世界大会前に支給してもらったのを最後に「メーカー側で支給できる在庫が無くなってしまった」と連絡を受けました。
そこで私は「来年の全国大会か世界大会には、新しい機種で出たい」と連絡したところ、「新しいシグネチャーモデルを作成しよう」という事になりましたので今回はその新シグネの紹介をさせてください!

前作のトールはサンダーボルトをベースに、M5軸を採用して軸貫通 &7075製にすることで強度をアップに主軸を置いたモデルとして誕生したヨーヨーだったな。
気に入った既存の1Aヨーヨーデザインを元に、カウンターウエイト用に特化させるという手法でシグネチャーモデルを作成したわけだが(この方法は比較的早いスピードで開発ができることがメリット)

しかし今度は完全な新設計モデル。長い年月同じヨーヨーで戦い続けたのっぽの経験とこれから戦うための性能を盛り込んだ完全新設計ヨーヨーがついに誕生となるわけだ!!

ThorのPV

今回の新モデルは5Aに特化したコンセプトのヨーヨーだと聞いているが、5A機種に求められる物はなんなのか?、また、開発に当たってこだわった点を聞かせてほしい。

主にこだわった点は以下の2点です

ポイント1
・5Aでの使用を想定した耐久性のある【頑丈】な機種であること 落としても歪みにくい、ホリゾンタルでも軸が折れにくい(壊れないのは不可能なので)

ポイント2
・ビハインドやホリゾンタルなどの大技がきめやすい【幅が広め+外装タイプのバイメタル構造】の機種であること

やはり過酷な環境で使い続ける5Aスタイルの特性上、頑丈なヨーヨーであることが必須でした。前作トールが非常に頑丈だったのと、カウンターウエイトの持ち方で、キャッチした時に親指がフィットするストレート形状がとても気に入っていたので、考え方のベースには前作のトールがあります。

トール発売から時間が経ち、最近のフリースタイルで“見せ場”としているビハインドトリックやホリゾンタルトリックなどの技で、ややストリングに乗せづらいと感じていました。実際に2020年の九州大会では決めることができませんでした。
高度に進化したビハインドトリックは、一瞬死角でヨーヨーをマウントし、その勢いでダイスを切り返す難易度が高く、トールで対応しきれなくなりもっと幅が必要だと感じていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

のっぽ(@noppo5a)がシェアした投稿


いろいろ考えてるうちに「ステンレスってチタンより安くて硬そうだから、フルステンレスで幅広のトール作ったら強度の問題も解決できて大会でもガンガン使えるんじゃないか?」と思いついてしまったので、ひとまずエンパイアにフトールの設計のまま幅を広げたフルステンレス機種を作ってと提案してみました。

いきなり思い切ったな。 で、どうだった??

2ヶ月後「あなたの考えたデザインだと100gを超える」といわれましたw

「あ〜、そんなにステンレスって重いのか」〜とはじめて金属の比重の違いに意識が行きました。
そこから半年後に「こちらでステンレスに最適化して図面を作ってみました。」と図面のデータを送ってくれました。

しかし、幅広をリクエストしていましたが、その図面のヨーヨーの幅はトールと同じ44mm程度でした。
リム部分を薄くして幅を48mmくらいに調節してもらい、2020年の年末ごろについにフルステンレス機種の1stプロトが完成しました。

ただ、この1stプロト 形状はすごく気に入ったのですが以下の問題点がありました。

・ステンレスで大きな機種を作るために全体が薄くなり、ボディ外周部分が軽すぎて回転の粘りが足りない
・薄くなっているため、強度が弱く5Aで使うのには耐えきれない

これでは最初に考えていた自分のシグネチャーモデルのコンセプトと合わないと思い2ndプロトの図面を再度スピンギアに依頼しました。

シグネチャーモデルを作るやり方はいろいろある。
究極は図面を引いてメーカーに依頼という形になるが、これはかなりの経験が必要で非常に難しい。
のっぽの場合、前回は既存機種の”改良”でトールにたどり着いたけど今回は、アルミと超々ジュラルミンの差ではない密度差のある素材に変えようとしたことで、素材特性の違いなど今までのノウハウだけでは乗り越えないといけない課題がいくつかあって、最終的には相談に来てSGで図面を作る方向になったんだよね。

「フルステンでのっぽの必要なコンセプトをおさえた戦える機種は作るの難しいよ」と事前に伝えてはいたのでこの軌道修正は織り込み済みだったわけだけども、ステンレスがいい、という気持ちを理屈だけで打ち消すよりはのっぽのために開発してくれるというメーカーのバックアップ体勢を利用して、プロトタイプを作ってもらえたから納得して次に進みやすかったのではないかと思う。

ただフルステンというコンセプトは非常に面白い。5A競技で使用することに向いていないだけで、ヨーヨーの素材やデザインの多様化の中で突き詰めたら可能性を感じる試みだと思っている。取捨選択の中で”戦う”ということを優先しただけで、フルステンレスがだめ、ということではないのでこれからもいろいろな可能性を楽しませてほしい。

いろいろあって・・・
図面をたくさん引いて試作をたくさんしたい、というのはあるのですが、一度ステンの試作を見てもらってから、5Aで戦えるモデル、という機種を作るならバイメタルしか無いと思いその方向でのっぽを説得(?)して行きました。

1stプロト(オールステンレス)の形状は気に入っていたのでそれを元にバイメタルの2ndプロト(バイメタル)を作成しました。
ヨーヨーエンパイアの製造技術がトールの時とは段違いに良くなっているのでインナー固定ベースで外装タイプのリムウエイトにしても強度を保つことができるようになりました。(トールはインナーのやや奥目に設置する形を取っていました)
バイメタルの2ndプロトは回転力も問題なくトールに近い操作感で動かしやすかったので、これを元に最終形態の“Odin”(オーディン)としてリリースが決定したわけです。

一度、”試しで作る”という本当の意味の試作を経て、気持ち的にも、性能的にも納得の行くモデルに仕上がったということだな。
のっぽの場合ブレが出ても、ヨーヨーを壊れるまで使い込むレベルの練習しているので耐久性に特に強いこだわりも頷ける。使いやすい1A機種を5Aに使うというケースも多いが、落下の衝撃を考えられてはいないのでブレがでたり、壊れやすいという問題から逃れられない以上、5A専用機の強みとなるだろう。

のっぽはどういうプレイヤーにこのトールをオススメしたいと思っているのか教えてくれ。

わかりました

オーディンは5Aプレーヤーで強度の高い機種を探してる人はもちろんですが、1Aでも高いパフォーマンスを発揮すると思います。

・インナーリムのヨーヨーを気に入って使っているけど、技の成功率を上げるために幅の広いヨーヨーを使いたいプレーヤー

・幅の広いモノメタルヨーヨーを使ってるけど回転力が足りなくてコンボが伸ばせないプレーヤー

・幅の広いバイメタルヨーヨーを使ってるけど、投げ出しが重くて動かしにくさを感じてるプレーヤー

の皆さんに是非試してみて欲しいです。
きっとインナーリム特有の操作感と大技を決めやすいワイドボディを兼ね備えたオーディンがあなたのフリースタイルを高みに至らせてくれると思います。

 

通常だとここで話が終わるシグネチャーモデルですがこのあと、スピンオフで伏線の回収があります。

大会に出為のモデル オーディンは完成したのですが、シグネチャーモデルで本当にやりたかった1stプロトの今まであまり存在しなかった“フルサイズのフルステンレスヨーヨー”が持つ独特の操作感をずっと僕は引きずっていました。
そのことをエンパイアのボスに相談したところ「最初に描いた44mm幅の図面なら強度と回転力の問題を解決できるかもしれない」と言われました。そしてその図面を元に3rdプロト(オールステンレス)を作成してもらうことができました。

3rdプロト(オールステンレス)は1stプロト(オールステンレス)とは比べて回転力もあり、またトールとほぼ同じ形状のためオールラウンドに扱いやすいヨーヨーになりましたになりました。

フルステンレス機種の”THOReST“と言う名前は1stプロトの図面が送られてきた時点で着想していて、「フルステンレスだから”SS“か”ST“とか付けたいな」とか考えてました。そして、トールを考えた時にかけていた“Tall”と言う英単語の最上級“tallest”と”Thor evolved by STainless steel(ステンレスで進化したトール)“をかけて”THOReST(トーレスト)”と言う名前が決まりました。

THOReSTは、トールを使ってくれていた人だけでなく、ステンレス製のヨーヨーに興味のある方はぜひ使ってみてくださいね。

実用性、戦う、と言う意味ではバイメタル一択になりがちな昨今なのですが本人のこだわりの根っこにステンレスというこだわりがあって、今回のような2つの分身が生まれる結果になりました。究極のヨーヨーが存在しないように、シグネチャーモデルもいろいろな取捨選択を繰り返した一つの結果に過ぎない中、2つの選択肢が形になって世の中にでたのは珍しいと思います。

この2機種は9/25  0時販売開始!ぜひぜひチェックしてもらいたい!
実は他にもエンパイア新商品があるので別記事で詳しく紹介していきたいと思う。

それではまた!

TAKA

2021年9月22日11:44

Posted by TAKA

スピンギアAKIBAカルチャーズZONE店閉店セール第3周目レポート #ヨーヨー #アキバ #Akiba

3連休となった先週末、金曜日から始まった閉店セールに多くのお客様にご来店いただきました。2015年の世界大会のときのような忙しさでした。このように皆様に愛していただいた店舗を運営してこれたことを嬉しく思います。また次の店舗に向けての再起の力を頂いています。

お買い物していただけるのはもちろんですが、スピンギアでの出来事など思い出話しをしていただけるのがとても嬉しく、スタッフ間でも共有しております。本来であればスタッフ総出でお迎えをしたいのですが、密になりやすいという状況もあり、控えています。SNSなどでのお買い物報告もとてもうれしく拝見しております。スピンギアというワードがあればほとんど見ています。また#sgakiba10th のハッシュタグで引き続きスピンギアの思い出や閉店セールについてコメントいただけると嬉しく思います。

閉店発表から閉店までのツイッターのTLをまとめてあります

棚もかなりスカスカになってきました。

今週末来てもめぼしいものがなさそう、一度行ったし良いかな、というお客様が多いかと思います。

10月3日の閉店まであと僅か、このまま終わるスピンギアではありません

クライマックスモード突入

を宣言いたします。約10年という営業期間を迎えるに当たり、売り尽くしセールというメッセージを発信した処、多くの方にサポートを頂きました。誠にありがとうございます。

現実的な話をすると閉店に原状回復や店舗什器移動など、約200万円の費用がかかり、新店舗となるとさらに少なくとも、100−200万円前後の費用がかかる見込みです。クラウドファンディングで募るというやり方も無しではないと思っていますが通常のコミュニティーと異なり、皆様との距離が近いので15−20%の手数料をクラウドファンディングに払って募るまでもなく、セールで還元する形で、直接的なご支援を受けるほうが無駄もなく、良いと考えています。店舗であり、営利活動を行う1企業ではありますが、ヨーヨーコミュニティーに対しては公共空間として交流の場、新機種に気軽に触れることのできる情報発信の場としても存在し続けていきたいと考えています。

多くの方のご来店いただき、お買い物が続き、売り尽くしという撤退セールを継続していくと、終わりに近づくにつれ店舗がスカスカになるというデメリットが発生してしまいました。予定されていたこととはいえ、このタイミングでこの空洞感では来店の動機にも影響してしまいそうです。(心の声)

とはいえ無限に通常商品が追加される閉店売り尽くしセールはもはやただのセールだろう(と某紳士服の閉店セールを見る度に思っていた自分がいます)となってしまいます。

10月3日までは店舗として営業する以上、ご来店していただくお客様にやっぱりもう何もなかったか、というこれじゃない感を与えるよりは店舗に来てみたら買いに来たのはコレジャナイものをたくさん見る衝撃(ついでに衝動買い)を与えたい、という気持ちで運営をしていきます。

去年の本社移転で見つかったカオスな商品を西八王子店でガレージセールしたいと思っていた機会もコロナ禍が長引きなくなりました。

スペースが空いているのでいままでだと単価が低く、店頭に並べにくかったものも並べられます。

サンプル品もまだ全数並べきっていません。中野時代から合わせると15年分のサンプルが残っています。もちろん一部はアーカイブとして永久保存していきたいとは思っていますがそれにしても膨大な量になっています。

アパレルもたくさんあるのでそれは持っていきやすい価格で提供できれば。ヨーヨージャムのチャンピオンネーム入りTシャツ、キッズLサイズですがインテリアとして成り立つのでは?と思っています。

通常営業からの閉店セールというコンセプトを崩さずに、まだまだできることはあると考えています。後半に向けて面白く、普段の店頭は違う、カオスなスピンギアになりながら最終日を迎えていければと思います。

こまめに複数日来店していただけると、変化していくスピンギア、お買い得商品をチェックしていただくことが出来るかと思います。SNSでもその日の目玉紹介はしていけるようにします。

スケジュール

22日水曜日の夕方から準備作業開始(サンプル品の販売開始は木曜日からです)

23日木曜日からクライマックスモードスタート、日替わりでサンプル品など毎日少しづつ違いを出していきます。

皆様のご来店をお待ちしております。

またたいへん心苦しいのですが、お買い上げ後の長期の滞在は密になりやすい状況を作るため、周りを確認していただき、短時間の滞在にご協力いただければと思います。

TAKA

10:58

Posted by TAKA