大空REShape2板屋楓(メープル)にかわいい新色が登場!

けん玉担当あきらです!

早速ですが今日の本題!

山形工房のハイエンドモデル「大空リシェイプ2板屋楓」に待望の明るい青系が新登場です。

「老若男女問わずおしゃれで使いやすそう!赤白のバージョン2本持ってるけどこれも欲しい!」

 

外出自粛が続くなか、運動にもなる自宅でできる趣味としてけん玉が注目されているそうです。自粛がきっかけではあっても、いちけん玉ファンとして新しくけん玉人口が増えてくれたら嬉しいなと思います。そしてもちろん一日も早く事態が収束するよう祈っています。

大会やイベントも中止が続いていますが、この機会にお気に入りのけん玉でガッツリ自宅練習してみてはいかがでしょうか♪ 特に大空リシェイプ2板屋楓は万能型で耐久性も高いのでおすすめです。

 

最後に、昨日のブログでもお知らせしていますが、スピンギアAKIBAカルチャーズZONE店は6月1日の16時から営業再開の予定です。

今後の営業状況についても随時ブログでご案内していきますので、ぜひ今後ともチェックしていただければ幸いです。

 

では、では。またお会いしましょう!

AKIRA

2020年5月29日15:10

Posted by AKIRA

スピンギアAKIBAカルチャーズZONE店の営業再開は6月1日16時よりとなります

緊急事態宣言を受けての都の営業自粛要請に基づき4月5日より営業を自粛してまいりました。

自粛期間中の家賃に当てるべく開催してきたセールも大詰めです。29日18時より50%OFFに突入します。30%OFFでも確実に手に入れたいという方は再度内容を見てみてください!

緊急事態宣言の解除に伴い都の自粛要請もなくなりましたが、引き続き3密を避けていく状況には変わりがありません。スピンギアとしては当初の予定通り、6月1日から営業を再開していきます。

西八王子店は店内の滞在で遊んで頂く方が多く、十分なサービスを提供できないと判断し、三密を避けるため、6月中も引き続き休業を継続していきます。

営業時間について。当面は短縮営業をしていきます

6月1日16時〜19時 実質的な再開作業日。TAKA&ひっしーが商品補充をしながらだっちゃんがお待ちをしている予定です。セールアイテムも持ち込む予定。
6月2日〜5日 14時〜19時
6月6日、7日 13時〜19時

6月8日以降の予定は来週の状況を踏まえてまた告知させていただきます。

コロナウイルス対策として以下のようにさせていただきます。

1)当面、店内でのヨーヨープレイは行わず、長期の店内の滞在、待ち合わせ場所として使用していただくことも避けていただき、大変恐縮ですがお買い物に特化した店内の使い方をしていただければと思います。
2)試し振りについては店舗に在庫がある機種で購入検討のお客様のみとさせていただきます。初心者用のサンプルヨーヨーも当面は下げていきます。
3)ご来店の際はマスク着用、また体温が高い状態では外出を控えてヨーヨープレイヤーとして社会に対する責任を果たしていただければと思います。スタッフもマスク着用させていただいています。

セール対象商品お買い上げについている1回限りご使用できる10%クーポンですが、急に出歩くのも怖い、また地方だから来店が無理という方もいらっしゃると思うので、当初の1ヶ月有効予定から、6月1日から8月末までを対象とさせていただきます。ルールに記載の通り、雨の日割引やSGカード特典との併用はできませんがお立ち寄りの際に、ぜひスタッフに店舗をサポートしていただいた一人であるという意味も込めてご提示いただけると嬉しく思います。

またご支援いただいた10%オフクーポンですがお持ちいただいた際に角を切り取らせていただき、使用済みの証といたします。回収させていただくこともできますが、記念に持ち帰っていただくこともできます。

TAKA

2020年5月28日11:43

Posted by TAKA

ヨーヨーでみんなとつながろう、という企画。#スピンガジェット リレー始動!

この記事の趣旨

#スピンガジェットを使ったリレー動画企画はじめます!上からヨーヨーが降ってきてひと技、ロケットで終わる、それだけの簡単な内容。背景、技、写り方ひとそれぞれにこだわってみて!笑顔忘れずに!
ヨーヨー 知らない人たちにも広まるきっかけになれば。

5月26日追記

現在17名参加中!タグだと見逃すケースが出てきてしまいました。@Taka_yoyo宛にDMかメンションいただけると助かります!速報版に乗ってない場合もお知らせください!

 

速報版その1

速報その2


スピンガジェットリレー動画について

趣旨

スピンガジェットJT Edition、そしてヨーヨーショップネストのネストガジェットの販売を記念してのイベント企画です。なかなかみんなで集まることはできないけどスピンガジェットという一つのヨーヨーで全国をつなごう!という趣旨の動画リレーです。緊急事態宣言が解除された地域とそうでない地域がありますが、まだ対面を避け、不要不急の外出は控えていく局面、家での時間を楽しく過ごせたらと思います。

スピンガジェットJT  Edition販売はこちら
ネストガジェット販売はこちら
スピンガジェット販売はこちら(Amazon)

ルール
0)スピンガジェットシリーズを使用

ジャパンテクノロジー版、ネストガジェットももちろん参加OK。改造品もOKですが、スピンガジェットとわかる程度の外観は残しておいてください。

・やる技は何でもOK。時空を超えるときにヨーヨーの色が変わるので4Aで紐から外れたり5Aになってたりの細かい事は気にしないで危なくない範囲でやりたいことやってください!3Aも可能性あればぜひ。
・リレー形式でつなぐのでワンスロー(リジェネあり)で30秒以内を目安に(どうしても理由があって長い人は止めませんが、、、)
・できれば楽しそうに。途中、カメラ目線もあるとみんなと繋がれてる感出せるかと思います。

1)動画を撮影

 

この投稿をInstagramで見る

 

I will update new idea soon #スピンガジェット

Yoyomaster Taka(@taka_spingear)がシェアした投稿 –

上(画面の外)からヨーヨーが落ちてくる。指につけてひと技してロケットなどで画面の外に飛ばす(フレームアウト)

編集できないひとは上の動画のように、そのままでいいです。前後の時間は余らせ目のほうがつなぎやすいので、上から落ちてきて最後ロケットでキャッチして撮影止めるところまで入っていても構いません。あまり尺をギリギリで投稿しないほうがいいです。

携帯で取る場合、縦よりは横長の動画でできれば。

ヒント:フィンガーホールを作ってから投げ上げると取ったときに素早く指につけやすいです。あと最後投げる時、着地点と誰が受け取るか考えておかないとヨーヨーが傷つく場合があるのでご注意を。

2)Twitterかインスタグラムに投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

#スピンガジェット Tokyo/Taka みんなとヨーヨー で繋がって楽しめたらと思います。早くイベントやりたい/行きたい!

Yoyomaster Taka(@taka_spingear)がシェアした投稿 –

↑上の動画は参考動画でスタートなので手持ちですが皆さんは上からヨーヨーが降ってきているところからでお願いします!

文章に
・タグを #スピンガジェット
・住んでいる県名/アルファベットでニックネーム
を含める。名前は動画の編集のときに必要です。名前は海外の人にも伝わるようにアルファベット推奨。どうしても日本語にこだわりのある人は日本語でもOk。他の人へのメッセージもあればぜひ。動画への県名、名前のタイトル入れはこちらでやるので文章中に含めてください。

インスタグラムの場合、四角よりは横長の動画の投稿をしてみてください(画面タッチで1:1と16:9の比率切り替えできます)

ーーーーーー

こんな感じで続きます。バトンではないので誰かを指名しなくていいです!逆に指名されなくても参加できます。(最初の3人は順番決めてましたが(笑

 

↓北海道から名古屋へ

https://twitter.com/yoyoshopnest/status/1263385772012363776

↓これをつなげてこうします

ーーーーーー

今日(5月21日)から募集をはじめてまずは5月31日の昼ごろまでの動画をまとめて編集します。6月6日のヨーヨーの日に合わせて第一弾を発表するのが目標です!

動画を認識したらスピンギアのアカウントからいいねをします。もしいいねなかったら見つけられてないので連絡ください!字数に余裕がある人は予めメンション飛ばしてくれると確実です。

途中経過も発表するかもしれません。

その後も追加があればどんどんつなげて長くしていければと思っています。一人1回の参加で月が変わったらもう一度(5月と6月で2回まで)というルールでやりたいです。あとは細かいことは気にせずに楽しんでください。ルールを超えたなにか仕掛けを考えたひとがいたらTakaまで相談してください。ルールは絶対ではないし、みんなが楽しくなる方向に盛り上げていければと思います。仲間で構成を作って順番を決めた投稿も歓迎です。編集にも活かすのでお知らせください。

TAKA

2020年5月21日16:22

Posted by TAKA

AKIBA店の点検と在庫整理に行ってきました(セールアイテム追加)#スピンギア 秋葉原店近況レポート

3月以来、初めて西八王子を超えて、車で秋葉原店舗まで行ってきました。人生で2ヶ月近く自分の生活しているエリア(会社→自宅は1km圏内)を出ずに過ごすことは初めてだったので”都内に”行くということも少し緊張感をもって行ってきました。

おかげさまでAKIBA店継続のためのセール企画、たくさんの方にサポートを頂きました。誠にありがとうございます。コメントやSNSでの拡散も誠にありがとうございます。

クラウドファンディングであれば目標金額があってサポートしていただいた皆様と一緒に達成感を味わうことが出来るのですが、セール企画となっているので具体的な売上金額について通常売上と区別が難しく、いくら、と申し上げることはいたしませんが、当初の目的であった秋葉原家賃の補填と店舗の継続、という部分においては目標を一定のレベルで達成したことを報告させていただきます。6月以降の再開に向けて事業を継続していきます。

皆様の熱いサポート、重ねて御礼を申し上げます。

とはいえ、家賃が払えても、本来そこに発生していた売上をカバーするには至っておらず会社として苦しいのは依然変わりません。

ここからは皆様のご支援に甘えるだけではなく、セール価格が30%OFFになっていることもあり、自社の営業努力で売上を上げていく部分だと気を引き締めて行きたいと思っています。

前回はWebと店舗合わせてラスト1の在庫をメインで持ってきましたが今回は、Webにも店舗にも在庫がある(会社としては在庫が2以上)の商品も対象に、一旦高額商品の棚をクリアにするべく追加で商品を下げてきました。今日から順次ページに反映していきたいと思います。1割引でも売れていたであろう旬の切れてない商品も多く、かなりのサービス企画となっているつもりです。

以下、現場よりレポートです。(5月19日13時頃の秋葉原周辺)

本来は平日でも人通りが絶えなく、搬入以外の目的では、車では絶対に通りたくない秋葉原の通称ジャンク通り。雨模様のせいもあるかと思いますがこんなに空いてるのは早朝か深夜くらいです。

半数くらいの店舗が営業、半数はまだ休業といった感じです。

メイン通りも人通りが少ないです。

  

こちらのエリアは休業している店舗も多く、呼び込みの人、通行人も殆どいません(昼という時間帯や雨のせいもあるかと思いますが)

4月5日より休業中で、私達にとっても久しぶりの店舗。3階フロアは営業しているところとしていないところがあって閑散としています。ビルとしては5月7日以降開いています。行ったときはお客さんはいなくてスタッフが出荷や整理作業を黙々としていました。

ひっしーと二人で手早く撤収作業。もし閉店となるとこういう作業をするのだろうかと頭をよぎりながらまだ残っている在庫を下げていきます。

ファクトリーやダンカンの棚も在庫がまだあったので一気に下げます。シャッターバイメタルも店頭から下げた分のみ、セール特価です。

中間地点。これらの商品を現在30%OFFの持続基金セールコーナーに順次更新していく予定です。最終的にはこの倍以上になりました

目玉的にはネットで販売してないゴットトリックスのオリオンBグレードやステルスのBグレードが複数個あります。

秋葉原店舗にある在庫の量の多さを改めて認識しました。本来であれば新商品もあるのでセールするべきではないのですが緊急事態につき、店舗においてあっても何もできないので皆様にもっていっていただく方を選択します。

すっかりガラガラになった高額商品の棚。営業再開のときにまたこちらにたくさん商品を並べて皆様にお買い求めいただくことが出来るようになればと思います。

TAKA

2020年5月19日17:15

Posted by TAKA

すべてのスキルトイの上達に大切なことば。80歳のちょんかけ独楽名人坂下桃太郎さんよりいただきました。

(文章の後半にテキストで書き起こしてあります。)

400年以上前から遊ばれている熊本を中心にして残っている伝統的なこま、ちょんかけ独楽。その保存と普及活動の会として50年以上の歴史のあるちょんかけ独楽保存会の中でも名人として精力的に普及活動に取り組まれている坂下桃太郎さんからお手紙をいただきました。80歳にしてなお現役のテニスコーチとちょんかけ独楽普及活動をされていて、技術的にもトップレベルであるだけではなく、その人柄、スキルトイのコーチング力で一度教わると、技術的な上達に加え、人に対する指導の仕方についてとても刺激を受ける大先輩です。新技も未だに取り入れて、LINEでよくヒントもいただいています。年をとったら衰える、のではなくて経験を人に広めていく、後継者を育てていくという生き方をされていてジャンルが違えどとても参考になります。

スキルトイ全般に当てはまる言葉だと思うので書き起こして共有させていただきます。大会で上位に来たり、チャンピオンになっている人たちは自然にできていたり当たり前のように意識してない部分もあるかもしれません。

努力して徐々にうまくなることがない、というのが一つの真理を捉えていると思います。全くできなくても続けているとある日突然、降ってくるようにできるようになることが多いと思います。それが楽しみでもあるわけですが。

 

ちょんかけごまが上手くなる夢をかなえるために。

一、大切なことは「続ける」ことです

人の成長と同じで手品のようにあっという間に出来ることは何一つありません

最初は落とすだけです。何度やっても落とすだけです

この状態が続きます

何度やってもだめです

少しの進歩しません。

心が挫けそうになります。カベにぶっつかるのです

これは誰もがたどる道です

毎日努力することが大切です

毎日努力しても成果が見えないことがあります

むしろそういう場合の方が多いのです

ここであきらめたら終わりです

人は毎日努力を重ねていればそれに比例して上達すると考えがちです

しかし事実はそうではありません

上達は少しづつ訪れてくるのでないのです

毎日努力して、百分の結果が出る訳ではないのです

毎日やっても成長のない日が続きます

でも目には見えないけれど身体の中には力が蓄えられているのです

その蓄えが在る程度貯ると、いっぺんに目に見えるように上達します

「千回できなくても千一回でできることがある」

一定の量をこなすと進歩は急速にやってきます

これが努力と上達の関係です

法則といってもいいでしょう

二、続けることの心得

「考えながらていねいにすること」

「感謝の心をもってすること」

三、夢実現の三原則

「続ける」「ていねいさ」「感謝の心」

これを身につけた時

輝かしい未来がまってます

ちょんかけごまや野球・勉強も同じです

桃太郎

TAKA

2020年5月13日18:03

Posted by TAKA

蹴る子ヨーヨースタンド 2Pカラー 生産延期のお詫び と 受付延長のお知らせ

申し訳ありません。納期が遅れそうです。

昨今のコロナウイルスによる緊急事態宣言延長を受けて、生産委託先の加工業者が操業を臨時休業しており、お届けまでお時間を頂く形となりそうです。

現在再開の状況について確認を進めておりますが、6月初旬のお届けは難しくなりつつあり、現段階では6月生産開始 → 6月中旬お届け見込とのことで
早々にご注文を頂いたにもかかわらずお待たせをしてしまう形となり誠に申し訳ございません。逆に緊急事態宣言の早期解除で予定通りに生産が進む可能性もあります。

取り急ぎ”可能性”ベースでのお知らせとさせていただきます。ご注文いただいた皆様にも順次メールでお知らせをさせていただきますがスピード感を持って一斉にお知らせさせていただけるブログでの報告が先になりますことをお詫びいたします。

現段階で確実な情報をお知らせすることができない状態ですので、確定情報が分かり次第随時お知らせをさせて頂きます。今しばらくお時間をいただければ幸いです。

受付延長について

>>受注ページはこちら<<
当初5月10日までの受付とさせていただいておりましたが、お届け予定の延期を受けまして受付の締め切りを5月20日まで延長とさせていただきます。
何卒よろしくおねがい致します。基本的に同梱発送はできないのでスタンド単品でのご注文をお願いいたします。

ひっしー

2020年5月12日17:36

Posted by ひっしー

メタル #スピンガジェット プロジェクト

スピンガジェットのスマッシュヒットを受け、気がついたことがあります。

競技のヨーヨーの部分のヨーヨーの楽しみが浸透しすぎていて、ヨーヨーを集めたり、ちょこっとカスタムしたり、出来ることの楽しさを上手い下手じゃなくてとりあえず動画をシェアしていくなどのライトな”周辺の楽しみ方”が新しい世代にあまり浸透していないということでした。

キャップの外し方がわからない、ベアリング化改造って?という多くの新しい愛好家たちがいました。でも最初はみんな初心者できっかけがあってその世界を知ればどんどん広がっていくのは皆さんご存知のとおりです。

元々スピンギアが得意であった様々なヨーヨーの楽しみ方を、スピンガジェットを通じて、皆さんと一緒に盛り上げていくことができて改めてヨーヨーの楽しさと様々な楽しみ方を確認しました。

大会があって、大会に向けて練習をしていくことは努力を伴いそれに対して達成感があるのでヨーヨーの楽しみの中でもわかりやすく、多くの人が楽しんでいます。

ただヨーヨー始めたての人や社会人になると競技中心の遊び方は難しくなり、またほとんどの人がそうだと思いますが、他の多くの趣味の中の一つとしてのヨーヨー、となると競技生活はハードルが上がってしまっています。

もっと気軽にヨーヨーに触れて楽しんでいこう、というスタンスとそれにあった商品開発をスピンギアブランドとして、ステップシリーズから継続してきたことが一つ成果になったのではないかと思っています。

そのような中で、プラスティック機種に関しては一通り出揃ったと思っています。次は入門用メタル機種です。ステップ3でメタルを発売していますがステップ2の置き換えで性能的にもステップ2と同等レベルなのでそうではない、きちんとしたステップアップになる機種を作っていきたいと考えました。

スピンギアが競技用ではなく、気軽にヨーヨーを楽しむものとしてフルメタルを提案するのであればどういう機種が良いだろうかと考えたときにいくつかの要件が出てきました。

1)メタルの恩恵を受けて”回転力のある引き戻し”が楽しく遊べる。簡単にバインドに切り替えできたらなおよし

プラスティック機種からバインドに移行するのも手ですが大人の場合、少し出来るので最初からメタルで遊びたいという人もいると思います。またスピンガジェットに比べ回転力のあるメタル機種は経験者であればスピンガジェットを飛ばしていきなりメタルガジェットから復帰するということも可能になるかと思います。その場合はバインドよりもワンクッション、引いて戻る遊んだことのあるヨーヨーらしい動き、というのを挟んである程度慣れてからバインドに行くほうが楽しめる幅が広がると考えています。

2)フルメタルはカスタムの余地がなくて少しさみしい。キャップ交換などちょこっとでも良いのでカスタムできないだろうか

3)できるだけ低価格で届けていきたい

以上の要件を満たすために、企画としてできたのがスピンガジェットのメタル化でした。

かつて多くのベストセラープラスティック機種がアップグレードとしてフルメタルバージョンが作られるということが行われてきました。

コレクションモデルとしても定着しつつあるスピンガジェットにメタルバージョンが登場することでエントリーモデルからのアップグレードとしてわかりやすいということと、懐かしいけど新しいという絶妙なこのデザインをメタルに置き換えたらどうなるのだろう、という製作者側の見てみたい、という気持ちもあり方向が決定しました。

1)直径、幅、重さはスピンガジェットに準拠する

2)キャップはもちろんプラスティックのスピンガジェットのキャップがハマる

→フリーハンドALがフルメタルキャップを搭載したのでメタルキャップとしてのヨーヨーもオモシロイと思ったのですが気軽にカスタムできるものではなく、またキャップ自体に重量があるのでキャップを外した状態の本体で遊ぶと軽すぎて使いづらいということが想定されました。またキャップ製作コストと本体製作コストがほぼ同じ!という見積もりで単純に2倍のコストとなってしまうので低価格帯という範囲からそれてしまうということも理由です。

3)ベアリングサイズはD

多くの初心者引き戻しメタルヨーヨーがサイズCの薄型を使い、バインド化するときにフルサイズを使っています。これ自体は構造がシンプルになる上、汎用で多く出回っている規格品なので手にはいりやすさの面からも初心者に優しいと言えます。ただしっかりヨーヨーを投げる動作のできない初心者にとってはサイズC薄型は下手したらプラスティックベアリングよりも回らない初心者に優しくないベアリングになっています。サイズCは滑りが良いという部分で評価されていますが、直径が大きく、回転力という部分では決してメリットのある形ではありません。偶発的にヨーヨージャムのパトリオットに採用されたことでネジはミリ規格でベアリングだけがインチ規格という歪な組み合わせのまま標準化してしまい、汎用パーツが出回りすぎたため多くのブランドが乗り換えること無く規格としてスタンダードになってしまっています。業界としてもサイズC以外のベアリング規格に目を向けてヨーヨーの設計について根本から考えていくべきでは?という提言も少し込めてみたいと思っています。

上級者が好む引き戻しヨーヨーにも多くサイズCが採用されていますがこれは固定軸でやっていたような動きをしやすいサイズというメリットから採用されていて、初心者にとっての投げ出しの気持ちよさや回転力ということは考慮されていません。

直径56mmというサイズに対してサイズDはスピンガジェットのプラスティックベアリングともサイズが似ており、投げ出しの感覚が近くなったり、初心者のスリープ力でも十分に回転するであろうという推測をしました。

またサイズDには外径と内径が同じで、幅が4mmのものと5mmのものが市場に存在します。4mmを引き戻しのギャップにして、5mmをバインドの仕様にできればベアリングの交換だけで引き戻し↔バインドの切り替えができてなおかつ、回転力と投げ出しの気持ちよさが担保できるという目論見です。サイズAを選ばなかった一つの理由でもあります。

以上の機能を満たしたヨーヨーを設計し、3Dモデルを作成しました。

図面をひいてすぐに、試作を行います。

試作品が届いて最初に投げた印象としてはスピンガジェットだ、、、でした。サイズも形も同じなので当たり前といえば当たり前ですが4mm幅のサイズDを使用してギャップも狭めだったので投げ出しや戻ってくるときのフィーリングも良いところを引き継いでいました。今までにない、

リジェネ楽しいメタル機種

爆誕の瞬間です。ハイパーヨーヨー黎明期の、伝統的なヨーヨーの遊び方ができるメタルとも言えます。

キャップも交換できるのでメタルヨーヨーですが自分好みのカラーにカスタマイズできます。またキャップを外しても約60gと十分な重さがあるので初心者のうちはキャップ無しで引き戻しのほうが安全に遊べる重さになっています。個人的にはキャップ無しの軽いフィーリング大好きです。

幅5mmベアリングをつけたところ、バインド化もできたのですが、4mmと比べると、1mmのギャップの違いで元々は引き戻しにギャップを合わせていたので滑りが良い、というところまではいっていませんでした。ただ練習したての頃はギャップが広すぎるとバインドがかかりにくいということもあるのでこれはこれで段階を踏むという意味ではよいギャップかと思いました。

競技者向けのフルギャップに関してはシムを用意することでギャップ幅を広げることができそうです。完成されたフルメタル全盛の中、シム自体、懐古主義と取られてしまいそうですが、自分でパーツを使ってヨーヨーの状態を変更できる、というのはヨーヨーの技だけを楽しむのではなく、ホビーの楽しみとして自分好みに調整の余地があるということで、大切だと思います。

テメら全員シムいれんぞ、というネタが通じない世代が増えているのも少し残念です(完全に懐古主義)

またサイズDのヨーヨーの設計の悩みですが、内径5mmに対してアクセルが4mmなのでベアリングロックの部分の厚みが0.5mmしか取れず、開け締めを繰り返すことでロックごともげてしまう可能性があるという問題がありました。

そこでサイズD至高をブランドスタート当時から掲げ、現存するブランドではサイズDの機種を一番リリースして知見もあるであろうシュトルムパンツァーのオーナーにアドバイスを求めました。

やはりサイズDの4mmアクセルは脆いので素材として硬い7075を推奨されました。しかし7075はコスト増になり、また色の部分で制約が出てしまうこと、初心者モデルにいきなりプレミアム感ある素材を使ってしまうとステップアップしたときの楽しみが減ってしまうのでは?などの理由により見送られます。

次に頂いたアドバイスが5mmの内径にピッタリあうアクセルを作って軸でベアリングを支える方法、でした。一部の4A機種では採用されています。汎用のホーローネジではないアクセルを作るのでコストは増えますが、リムーバーが存在しないサイズDのベアリングロックを固くしてしまうとベアリングを交換することが大変ということを回避できます。理想は手で交換できるレベルの気軽さでネジの開け締めでも本体の摩耗がそこまで無い、という状態です。多くのヨーヨーがベアリングロックを使って精度を出しているので競技用モデルに比べると”ブレ”が発生してしまう可能性がありますが初心者にとってヨーヨーのブレはプレイに影響がない範囲のものであればむしろヨーヨーがどれくらいの力で回っているかが振動を通して伝わってきたりそこまで繊細なコントロールを必要とする技をするわけでもないのでエントリーモデルとしては問題ないだろうという判断をしました。

図面上はとってもいい感じです。現在試作品の仕上がりを待っている状況です。

続報をお待ちください

TAKA

2020年5月9日09:09

Posted by TAKA

休業中も発生している家賃捻出のため、秋葉原店舗の在庫を中心にしたセールします!店舗の継続にご協力いただけると助かります。

世の中が大変なこのタイミング、生活必需品ではないヨーヨーショップが何かお願いを立てていくのもどうかという葛藤があります。

一方で、2月、3月は売上が半減し、4月からは都の営業自粛要請に答える形で休業をスタートさせ、5月31日までの2ヶ月間の休業の間も秋葉原の店舗の家賃は発生し続けています。都の感染防止協力要請に引き続き応えていく予定です。現在対応策を模索していますがスタッフも休業に伴い、収入が無くなった形になっています。

実店舗としてのスピンギアは固定費だけが発生して収入のない、赤字状態となりました。すぐに倒産、ということはありませんが先行きが見えない中でのこの状況は今までに経験したことのない危機となっています。

株式会社そろはむとしては実店舗、通販、卸という3つの流通経路とメーカー機能を強化してくことで店舗をメインとした業態に比べるとコロナウイルスの影響を受ける部分が少なくなってはいます。とはいえ、実店舗の売上がなくなったことと、卸先の店舗が相次いで休業していることで売上は昨年の同時期に比べると大幅に減少しています。

2011年10月に出店し、今年10月に10年目に突入という節目を迎えるこのタイミングで、店舗を存続させるかどうか、会社として検討、判断しなければいけないタイミングが来てしまう可能性があることをとても悲しく思います。それでも状況が良くなる日が来ると信じて、なんとか乗り切っていこうという気持ちがあります。

現在、休業で危機に直面している多くの飲食店やライブハウスでクラウドファンディングによるお客様からの直接の出資を受けて存続をさせようと努力しています。

ヨーヨーショップスピンギアとして、そのような手段をとることも出来るのですが、緊急の状況に入金までタイムラグがあり、また、クラウドファンディング側に手数料として行くお金のことを考えると今回はその仕組を使うことは適切ではないと判断しました。また、お買い物券のようなものでのリターンよりは、店舗の業態の性格上、直接皆様にわかりやすい商品でのリターンがあるほうが良いと思っています。

ヨーヨーを始めとするスキルトイの業界は夢の世界だと思っています。業界としてお金の動きがあり、商売をして、生計を立てている事実はありますが、スピンギアはあまり生臭くならず、夢の部分を守っていきたいと思い、会社として危機にあるときも、直接それを打ち出さずに、様々なイベント企画(もといセール、福袋)やキャンペーンを行ってきました。

ただ今回ばかりはネタにしたり、ぼやかしている場合ではなく、秋葉原の店舗の固定費の支払いに当てる現金にするべく、秋葉原店舗の商品を中心に、本来店舗が営業していたら売れていたであろう金額の一部でも良いので通販で”余分に”購入していただくことはできませんか?というお願いです。5月までの休業となってますが6月以降の見通しも立っていない状況です。営業再開後も店舗に皆さんを一箇所に集めてしまうようなイベントは開催できないと思っています。

店舗にたくさんの商品があることでネットでのお買い物とは異なり、思わぬ出会いをしたり、いつかあれを買おうと思いながら店舗に通う、という熟成させていくぬか床、ではないですが、新製品だけを並べておくのではなく、店舗の個性として、在庫が積んであることもおもちゃやにとっては大切な要素だと思っています。ただそれは営業をしてお客様の目に触れる状態にあるからで、休業をして固定費だけが出ていっている状況で、店舗再開の見通しがない中、ただ待っていることはできません。

取り急ぎ、秋葉原の店舗にあったラスト1点の、ネットとの共有在庫商品を中心に店舗から引き下げてきました。

リターンはなくても、お気持ち、お金で応援したい!という方にも少額からお買い求めいただけるハンドスピナーを無限に用意してあります。ご近所に配ったり、家で沢山回したりと何かと使いみちがあるかと思いますのでお気持ちをいただける方はそちらもご利用ください。

また

#スピンギア

にて秋葉原の店舗の存続に協力したよ!という旨をSNSでの拡散いただければと思います。少しずつの皆様のご協力が大きな力になって世の中に明るいニュースを作っていくことのきっかけにもできればと思います。

対象商品は【AKIBA】と商品名の先頭についているイベントカテゴリーに属している商品となります。

特典その1:セール特価でアキバの在庫が購入できる(10%OFF、20%OFF、30%OFFまで落ちていくカウントダウン方式で行います。最後に残ってしまったものがあれば再度選別をして50%OFFも検討します)

特典その2:秋葉原営業再開時に1度だけ使える10%OFFクーポン(他キャンペーンとの併用不可・営業再開から30日間有効)

特典その3:期間中、セールコーナーの商品をお買い上げの方に1回に付き1セット、スピンギア缶バッジ、ヨーヨーホルダー進呈

割引が段階的にかかっていきますが、店舗をサポートするという意味でも割引率にこだわるよりも欲しい物を欲しいタイミングで買ってスピンギアを支える、というふうに考えていただけると非常に助かります。また普段は必要ないと思うのですが余力がある方はハンドスピナーもついで買いしていただけると助かります。

6月以降、秋葉原の店舗の営業が再開しても一気にイベント的に進められる感じではなく、3密を避け、徐々に、という形になっていくとは思います。引き続き厳しい状況には代わりありません。

余裕がないという方も多いと思います。そのような中で不要不急のホビーのジャンルに属しているショップがこのようなお願いをしていくのは気がひけるのですが、ヨーヨーを始めとするスキルトイを世の中に知ってもらうため、秋葉原という固定費の高いエリアに店舗を持っていることが今回は厳しい状況を生み出してしまいました。

みんなの集まれる場としてもこれからもずっとスピンギアAKIBAカルチャーズZONE店が機能していくために営業再開に向けて、ご協力いただければと思います。

また今回のセール企画実施に当たり割引にご賛同いただいた各ブランドの皆様にも感謝いたします。

セール会場はこちら

8日20時頃より割引が適用になります。それ以前の購入は定価となりますのでご注意ください。フライング購入の割引率適用は公平性を帰するためにも対応いたしかねます。もうラスト1点しかないなら売り切れる前に買う!というお買い物は歓迎です。

ヨーヨーはコミュニケーションツールです。オンラインを介したコミュニケーションも一つの形ですが対面のコミュニケーションにまさるヨーヨーの楽しみ方はありません。みんなでまた集まって楽しめる日までスピンギアとしても存続を頑張っていこうと思います。最後まで文章を読んでいただきありがとうございました。何らかの形でスピンギアの存続にご協力いただけると嬉しく思います。

株式会社そろはむ 長谷川貴彦

 

 

TAKA

2020年5月8日16:47

Posted by TAKA

R2FGからCNC削り出しのポリカーボネイト製のウエイト登場

4月末にカウンターウエイトの特許が切れたことで、カウンターウエイトの製品開発も多くのブランドの参入が予想されます。

また特許切れに伴い創始者のスティーブブラウンが5AYOYOのサイトをリニューアルしています。

そんなタイミングで、中国のヨーヨーブランド、R2FGから削り出しのキレイなウエイトの案内が来ました。近日入荷予定です。

シンプルな構造ですが、2種類の紐の付け方ができることを特徴としています。重量も標準とされる10.5g前後の通常の重さになっています。

TAKA

2020年5月7日13:38

Posted by TAKA

5月7日以降の秋葉原店、西八王子店の営業自粛延長決定

緊急事態宣言の延長に伴い、5月7日以降も、営業自粛の期間を延長させていただきます。

営業再開については緊急事態宣言の解除を一つの目安に5月31日以降の再開を目処にしていきます。

来年で10周年を迎える秋葉原店を存続させていくためにもいまの時期にできることを全力で取り組んでいきたいと思っています。

通信販売は引き続き行っていきます。

図らずもいえあそびが注目される状況になっています。身の回りの方にもヨーヨーを始めとするスキルトイを薦めていただければと思います。

皆様と一緒にまたお会いできる日まで、頑張っていければと思います。

株式会社そろはむ 代表取締役 長谷川貴彦

TAKA

10:46

Posted by TAKA