クロム プロチームモデル / KROM PROTEAM KENDAMA

 
7,000 
必要ポイント数: 7000 point
KENDAMA-KROM-PROTEAM-BONZ
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

説明

KROMの2018年最新のプロモデルです。

発売以来大ヒットしたKROM POPの形状をベースにした新形状「The 1%」というけんが採用された新モデル。

けん全体が1%大きくなっており、また単なる拡大ではなく全体のバランスが良くなるように各所で調整が行われているのでオールラウンドに使える万能な1本になっています。

人気の超グリップ塗装「LOLクリアペイント」を施し、デザインも恒例になりつつある回転が視認しやすい7:3のスプリットやストライプです。高級けん玉に多く採用されるメープル材をけんとたま"両方"に採用、糸止めにベアリングが標準搭載となっており非常に贅沢な仕様ですので、買ってすぐに糸の調整のみで本気仕様で使うことができます。

中皿に重心調整用の穴があり、月面着陸などの静止技と回転系の技がどちらもうまくできるようにバランス調整されています。(IJIモデルのみ重心調整穴がありません。好みに合わせてお選びください。)

販売代金の一部は各プレーヤーを直接サポートする資金となります。

※新品状態では玉側の糸の結び目が大きく、余った糸が穴の内側に引っかかりベアリングが機能しない個体があります。使用中に糸のねじれが戻らない場合は玉側の結び目を結びなおすと本来の性能になります。

【スタッフあきらの個人的レビュー】

まず一言、新形状の「The 1%」けんが

本当に使いやすいです!

大きくなったとは言っても、大皿の大きさはそんなに変わっておらず、主に小皿と中皿がかなり(小皿は2mm以上)拡大されています。

最近のワールドカップやフリースタイル競技では小皿側の月面着陸を多用する場面も多く、大皿でも小皿でも不安なく月面が乗るというのは大きなアドバンテージです。前作POP形状の時点で既に大皿は十分な大きさがあったので、あえて大きくしないという設計も非常にGOOD!(皿が大きすぎると月面着陸を乗せたときに指に当たってしまうアクシデントが起きやすくなるので個人的にはこの大きさが最適だと思います)

皿胴の幅もワールドカップ規定の上限に近いサイズまで広く設計されているので、月面のバランスがさらにとりやすくなっています。


けんが大きくなると重心バランスの感覚が合わずに使いにくく感じることも多いのですが、このモデルはその点もうまく解決しています。各皿の深さがそれぞれ違っていて、大皿はかなり深めの設計になっています。全体でうまく重心が調整されているので、一回転飛行機やはねけんといった技を行っても今までと変わりなく(むしろPOPよりも自然な感覚で)思ったところに回ってくるのが非常に使っていて気持ち良いです。

玉のデザインやパッケージを含めて付属品の豪華さもいつも通り「さすがKROMだな」と思わせるボリュームで、KROMファンの方だけでなく、今までPOPのバランスがいまいちだと感じていた方にもしっかりオススメできるけん玉です!