姫路こま 侍独楽

5,000 
必要ポイント数: 5000 point
KOMA-SAMURAIKOMA
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

説明

重量 約120 g
直径 65mm

姫路こま 侍独楽

姫路独楽製作所製造の独楽です!職人さんが1つ1つ丹精を込めて作った独楽となります。手間がかかることに加え、素材の確保が難しく、安定生産が厳しいため、生産時期により入手が困難な場合もあります。手に入るタイミングでぜひお買い求めいただければと思います。

重量が120gと大変重く、また真鍮のビスが打ち込まれているため、喧嘩こまに向いている仕様となっています。鉄輪に装飾と攻撃の実用を兼ね備えた部品がついているこまは非常に珍しく、現時点で手に入る選択肢の中では唯一かと思われます(当社調べ)

相手のこまにぶつけた時に普通の木のこまならば相手のこまにヒビを入れたり、吹き飛ばすことができます。

重量が非常にあるため、こま回し初心者の方にはお勧めできません。また上級者の方も手乗せから技をすることもできますが、危険なので注意してお取り扱いください。また軸先も手乗せからの技用に調整されているわけではないので、やりやすくする工夫も必要です。

スタンドがついています。

天然素材を使用しているため、軽微なぶれ、また全ての個体の木目や色目が若干ばらつきがある場合があります。

また使い込む事で塗装が剥がれたり凹みができ、また真鍮ビスが風化していく事で味わいが出てきます。独楽を回せる方はぜひ、使い込んで、風合いの変化を楽しみながら飾ってもいただければと思います。


姫路独楽について(メーカー説明文より引用)

江戸時代から受け継がれてきた姫路独楽はその素朴な彩色と形状で献上された代々の姫路城主にも喜ばれたと言われています。

また独楽の回る姿から金回りが良くなる、仕事や家庭が上手く回る、子供の自立を促すなどの意味や願いを込めて縁起物とされ播州では男児の初節句や正月飾り、贈答品としても重宝され喜ばれています。

自然の木材を使用し、一つ一つ手作りしていますので独楽によって木目の違いや微妙な形や塗りの違いがありますが、品質には問題はありません。

回りが良くなるようにバランス調整を施している場合があります。

姫路独楽製作所

村岡家初代 村岡 正樹