夏のメタル祭り2021

2,021 
必要ポイント数: 2021 point
MAGICYOYO-SUMMERSALE-M002PUR
在庫あり
+
まとめ買いでさらにお得!:
数量 2+ 3+ 4+ 5+ 6+ 7+ 8+ 9+ 10+
価格 1,800 円 1,500 円 1,400 円 1,300 円 1,100 円 1,000 円 900 円 800 円 660 円
ほしい物リストに追加

説明

買えば買うほど安くなる! 2021年夏の特別企画!! #magicprice44

ヨーヨーは出荷前の仕様に問題ない製品で、アウトレットではありませんが出荷前の状態なのでロゴがあったり無かったりします(ランダム)。また正規品とやや仕様が異なる場合がございます。

凹型ベアリング装着済み、ストリング1本付属、パッケージやその他の付属品はありません。


もちろん11個、20個と10個以上でも購入可能です!(1つ660円が最低価格)

破格値の理由、仕入れ〜販売までの裏話はこちらより御覧ください!

商品の仕様はマジックヨーヨーのカテゴリーページからご確認ください!(在庫切れ商品は表示されないので下記写真のリンクからどうぞ

普段のメタルヨーヨーの価格設定について疑問を感じてしまうようなものすごい価格になっていますが通常のモノメタルの価格やコストを反映したものではなくて工場はスクラップにしたときの材料代+ベアリングや軸の金額で赤字処分特価、スピンギアは赤字ではないですが超大量仕入れと10個づつ売れていく想定での薄利多売の価格設定となっています。材料費高騰によりスクラップ>在庫処分のバランスの均衡が崩れたコロナが生み出した夏の一瞬の幻価格となっています。通常の業者仕入れ値よりも安くメタル機種を手に入れるチャンスとなっています。詳しい経緯は上で紹介しているブログを御覧ください!


Vシリーズ

もともと、アマゾン専売で開発されたシリーズです。OEM工場なので各メーカーのトレンドを踏まえた物作りをしていて比較的最近のシリーズのため、Vシリーズは外れなくおすすめできます。

  Magicyoyo V1 

スプラッシュカラーの色バランスもしっかりしています。サイズが大きく、トレンドを踏まえた作りで使いやすさを求めて安心して買えます。

重量 67.5 g
直径 57.0 mm
全幅 44.4 mm



  Magicyoyo V4 

サイズ感もよく、重量もしっかり外周に乗っているので回転力があります。

重量 64.6 g
直径 56.0 mm
全幅 43.1 mm



Kシリーズ

一昔前のデザイン(2010頃)となりますが、どこかで見たことのある形状が多く、ハブスタック遊びやトップオン(k8)に特化した機種が多いシリーズです。スペックだけを見ると、重量が重く感じるかと思いますが、ハブスタックが大型のものだと1つ約2.6gあるのでベアリングと合わせて全部外すと6−7g軽量化されて普通のスペックのヨーヨーになります。

  Magicyoyo K3 

小柄なハブスタックモデル。スタンダードな形状でソツのない作り。
レッドとゴールドでハブスタックの形状が異なります。また、やや色ムラがある場合があります。

今回はロゴなしでプロトタイプ感もあります。

重量 68.4 g
直径 53.0 mm
全幅 40.3 mm


  Magicyoyo K5 

スリムな幅でフルサイズ直径の形状のため、今のトレンドの1Aからは外れますが重量もしっかりあり、3Aの入門にはおすすめです。


重量 67.4 g
直径 55.0 mm
全幅 38.9 mm



  Magicyoyo K6 

スタンダードなハブスタックモデル。
MAGICYOYOのロングセラーモデル。ハブスタック遊びだけでなくヨーヨーの性能もしっかりしています。

重量 69.7 g
直径 53.0 mm
全幅 38.3 mm



  Magicyoyo K8 

直径が大きいけれど、扱いやすいモデル。
シャープなシェイプでコントロール重視の設計。

重量 65 g
直径 59.5 mm
全幅 44.7 mm

オリジナルは約70gでしたが、キャップなしモデルとなっており、そちらで重量を修正いたしました(8月24日)


 Nシリーズ

マジックヨーヨーの中でも初期の古いシリーズなのですがオリジナルデザインよりも模倣に走っていた時代の機種なので一昔前のデザインながら使いやすくベストセラー化して生き残っている機種が多いです。メタルヨーヨー黎明期の名機に現役機種として出会えてしまいます。特にN9、N12は完成度が高くおすすめです。

 Magicyoyo N9 

完成度の高いハブスタックモデル。
小型ハブスタックモデルの定番。1つは持ってて良いヨーヨー。

重量 67.1 g
直径 53.0 mm
全幅 40.4 mm



  Magicyoyo N11 

ユニークなラウンド形状が特徴。
サイズ感もよくバランスの良い性能。

重量 64.7 g
直径 54.0 mm
全幅 42.0 mm



  Magicyoyo N12 

フラッグシップ級の完成度。1つは購入必須!
N9と並んで完成度の高いモデル。ロゴのサメもかわいい。

重量 67.5 g
直径 54.8 mm
全幅 44.0 mm



 Mシリーズ

外部デザイナーとコラボレーションを始めたこだわりのシリーズ。マジックヨーヨーの中では高価格帯で意匠やデザインに特徴があります。ヨーヨーの性能もお墨付き。

Magicyoyo M001 

直性的なボディが特徴。
ロゴが入っていたり無かったりします。また、飾り彫りもあったり無かったりします。リムは基本ついていません

重量 60.5 g(リムなし)
直径 57.0 mm
全幅 40.9 mm



  Magicyoyo M002 

スプラッシュカラーが美しい上位モデル。…ですが、正規品と異なり何故かリムが入っておらずやや軽め。
とはいえ63gはあるのでこれはこれで扱いやすい。

重量 63 g(リムなし)
直径 54.9 mm
全幅 42.3 mm



M001,002については製品版は飾りリムウエイト(片面約1.5g)がついていますが今回の場合はついていません。バイメタルの場合はリムがないと回転力がなくなり使い物になりませんがそれぞれある程度重量のあるヨーヨーだったため軽量モノメタルとなりパフォーマンスに関しても好みの部分で言えば良くなっているという評価もできます。


  caicai 

OEMでMagicラインナップに無いモデル。中国国内のみに存在する謎のブランド(製造元はマジックヨーヨーですが)
K6の亜種です。caicai名義で時々ファクトリーアウトレットにも入荷していました。


8月16日追加

サイレンサーのブラックの箱の下からブルーが少量発掘されたため緊急追加、合わせて従来品のSonicFire、T5アウトレットも追加いたしました。

Sonic

YJ YoYoのフィンガースピン対応のミニサイズヨーヨー。重量ずっしりでよく周ります。塊感がある機種

重量 67.6 g
直径 46.0 mm
全幅 33.4 mm
ベアリング C size

Fire

2015年頃のデザインですがいまでも通用しそうな感のある特徴あるデザイン。

重量 64.2 g
直径 56.5 mm
全幅 43.0 mm