けん玉USA プロモデル TJ Kolesnik 改善2.0/ KENDAMA USA Pro Model Series TJ Kolesnik 2.0

 
5,200 
必要ポイント数: 5200 point
KENDAMA-USA-PROMODELTJ
在庫切れ

説明

KendamaUSAのプロモデルシリーズ TJ Kolesnikシグネチャーモデルです。

プロモデルV4シリーズの4名に続いて2016年7月にプロ入りを果たしたTJ Kolesnikのプロモデル、初期ロットではベース形状に改善シェイプが採用されていましたが、2018年入荷分より改善2.0シェイプにマイナーチェンジしており、さらに使いやすく進化を遂げました。※新入荷分は中皿のふちに刻印されている漢字が「愛」から「家」に変更されています。

空と海、砂浜をイメージしてデザインされたストライプの玉に、KendamaUSAのけん玉では初めて採用される新開発のスーパースティックペイント(滑り止め塗装)が施されています。

改善シリーズの前作であるトリビュートシリーズで採用されたスーパースティックペイントから大幅にバージョンアップされたこの新開発塗装は、静止技を行う際の玉と皿の密着度が高く、皿面の削り出し精度が高いことと相まって非常に止めやすいフィーリングに仕上げられています。また、旧スーパースティックペイントと比較して塗装のもちが良く、消耗による静止力の低下が少なくなっています。

使用木材も塗装と同じくKendamaUSAでは初採用となるアッシュ材がけん・玉ともに使用されています。アッシュで作られたけん玉は木目の美しさに加えて、脂・蝋分を含ませながら使い込むことによってけんの木目が玉となじみ、うぐいす・たけうま系の技がやりやすくなることから2016年ごろからコアなけん玉プレーヤーの間で人気となっており、玉の回転がみやすいストライプ塗装との相乗効果で、見た目の美しさだけでなくきちんと実用性を兼ね備えた「使える」けん玉として完成されたデザインになっています。

【付属品】取扱説明書(英語)、ビーズ付予備糸、KAIZENステッカーセット、糸通し


【スタッフあきらの個人的レビュー】

回転が見やすいデザインと新しいスーパースティックペイントのおかげで改善シリーズの中でもかなり使いやすかった初期版TJモデル。

当時はまだ改善2.0シリーズが開発される前でしたので気になりませんでしたが、改善2.0がKendamaUSAブランドのスタンダードとなって以降、初期のプロモデルは「見た目はかっこいいけど性能は最新版の方が良い」と感じていたプレーヤーも多いのではないかと思います。

歴代のKendamaUSAブランドシリーズでも特にデザイン性の高いTJモデルが最新の性能で使えるのは私自身すごく嬉しいですし、是非多くの人につかってもらいたい1本です!

(以下は改善2.0シェイプについての説明です)

改善2.0シリーズは、前作の改善シリーズで培ったノウハウを活かした大型アップデートが施されたKendamaUSAのニュースタンダードとなるけん玉です。

けんの形状は、それぞれの皿の大きさが一般的な競技用サイズよりほんの少しだけ拡大されており、それに伴い灯台・月面着陸系の技が非常に乗せやすく、止めやすく改良されました。加えて、海外系ブランドの多くが「すべり止め極意」等のすべり止めに乗せる技をしない想定でけんの形状をデザインする中、改善2.0シリーズではすべり止めの上に乗せる技がやりやすい形状で作られているため、日本の競技けん玉を続けてきたプレーヤーにも違和感のないシェイプになっています。

2016年後半から現在にかけて、海外系のけん玉メーカーが各ブランドの主力商品のサイズ(皿の径など)の大型化を進めており、従来のけん玉より「少しだけ」大きい新しい競技用けん玉の新基準が生まれつつあります。改善2.0もそのひとつで、新基準のけん玉でどれを選んだら良いか迷っている方にはぜひ手にとっていただきたい1本です。

タグ